初心者向け【金利と株価の関係】 なぜ金利が上がると株価はさがる?グロース株が売られる理由

株・経済の勉強
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資初心者さん
投資初心者さん

金利があがると株が下がるみたいだけど
なんで?

ぽちゃ
ぽちゃ

金利は投資における最重要ファクターです。
ここでは金利と株の関係について解説します。

金利は経済や株価に与える影響が非常に大きい最重要ファクターです。

ここでは初心者向けに金利と株価の関係を解説していきます。

金利と株価の関係

  • 金利と株価はシーソーの関係 
    金利↑株価↓、 金利↓株価↑となります。
  • 理論株価 = 利益 / 金利 – 成長率
  • 金利の急騰で特に打撃を受けやすいの人気の高い新興割高株

金利と株価はシーソーの関係にあり、どちらかが上がると一方が下がります。
そのため、金利の上昇は株にとってはマイナス材料になります。

金利上昇の際には特に新興の人気株が激しく売られることになります。

投資の世界では理論株価や現在価値という考え方があり、これを理解できると理解が深まります。

それでは詳しく金利と株価の関係についてみていきましょう。

金利と株はシーソーの関係

基本的に金利と株はシーソーの関係あります。

まず金利とは一般的に10年国債の利回りことになります。
その中でも昨今の経済を考える上で最重要なのがアメリカ10年国債の利回りです。

金利(アメリカ10年国債の利回り)が上がれば株は下がり、金利が下がれば株があがります。

なぜかというと、金利(=国債の利回り)が上がると国債が投資対象として魅力を増し価格があがり
株は売られるからです。

例えば金利が3%になったとして、株の配当利回りが3%の場合、だったらわざわざリスクをとって株なんか買わずに安全な国債を買ったほうがいいやとなります。

逆に金利が0%に近くなってくると、国債なんて持ってても意味ないからリスクをとってでも株に投資しようとなるわけです。

投資家は常に一番儲けやすいアセットを探しています。

コロナ以降の金利と株の動き

現在の起こってるアメリカ10年国債利回り上昇による株価下落を例に考えていきます。

・コロナによる経済対策で国は個人にお金を配ったり、国債を買ったりすることで市場にお金をばらまきます。

・政府によって国債が買われたことで国債の価格は上がります。(株と同じように需要が増えれば値は上がります。)国債の価格が上がると国債の利回りが下がります

・お金が市場に溢れる中、国債を買っても利息が全然つかないので、お金は株式市場に流れてきます。
株を買う人が増えるので株価は上がります。

・株価がどんどんあがって行く中、ワクチンで感染者が減少、失業者も改善されてきて実体経済の回復がみえてくるとインフレ懸念(期待)が膨らんできます。

・そうすると、これまで買われて価格があがっていた国債が今後の価格下落を恐れ売り始めます。国債を売って利確する人がでてきます。国債が売られることで利回りがあがります=金利が上昇します。

・金利が上昇すると株の魅力が減少してくるので株が売られ始めます。株価が下落します。

実際はなぜこのタイミングで金利が急騰したかは憶測ですし、金利の上昇要因、株価の下落、上昇要因には様々な要素が絡み、利回りだけによるものではありません。

ただその中でも金利が与える影響は非常に大きいのがわかるかと思います。

cnbc

グレー:アメリカ主要500銘柄のインデックスS&P500の配当利回り
緑:アメリカ10年物国債の利回り

国債の金利がどんどん上がって株の配当とほぼ同じ水準になっているのがわかると思います。

こうなるとわざわざリスクをとって株に投資しなくても債権で安全に運用したいと感じる人もいるかもしれません。もちろん株はキャピタルゲインがありますので単純比較はできませんが、株式投資家のなかには債権への投資を考える人も出てくるでしょう。

ただもちろんその理由でどんどん買われると利回りは低下しますが。

金利の水準によって株と国債の魅力度合いが変わってくるというのがポイントです。

理論株価

株式投資において理論株価という概念があります。
中々難しい話しになるので、概念だけ説明をすると下記のような式になります。

理論株価の計算式

理論株価 = 利益 /  金利 - 成長率

理論的には株価はこの式で推し量ることができるという考えです。


そのため株価を押し上げるのは

・利益が大きくなる時
・金利が小さくなる時
・成長率が大きくなる時

となります。

ここで金利が分母にきているのは、金利に負けるくらいなら価値ないね、ということです。

理論株価については、配当割引率やキャッシュフロー割引率はじめ実に様々な計算方法があるのですが、一貫しているのは金利で割っているという点です。
この式からも株価と金利は非常に強い関係性にあることがわかります。

この株価、利益、金利、成長率の関係性は度々思い出して自分の投資を振り返るのに役立ちます。
是非覚えておきましょう。

金利が急にあがると新興グロース株が激しく売られる

金利上昇局面で一番売られやすいのが新興の割高なグロース株です。

バリュー株も金利の影響を受けますが、グロースほどではありません。

これはなぜかというと、人気の新興株はまだ利益がでていない企業も多く現在価値の観点から金利の影響を受けやすいからです。

実際にOKTA, FVRR, CRWDといった人気企業はまだ利益が出ておらず、金利上昇のときに激しく売られました。

投資の世界では「 現在価値 」という考え方があります。

これは未来に得られる利益を現在価値に直すといくらになるかと計算する考え方です。



例えばあなたが今100万円もっていて今の金利が5%だったとします。
1年後に期待できる利益は105万円になります。

この際に、このように考えます。

今の100万円の1年後の将来価値は105万円。
1年後の105万円の現在価値は100万円。

例えば1年後に得られる利益が100万円だとします。

金利が5%だと現在価値は95.2万円になります。
金利が10%だと現在価値は90.9万円となります。

金利が高くなると将来得られる利益の現在価値は低くなります。

期間を1年から2年に伸ばして、2年後に100万円の場合、
金利5%だと現在価値は90.7万円となります。

将来の得られる利益の期間が伸びると現在価値は低くなります。

この関係性を示した計算式がこちらです。

現在価値の計算式

現在価値 = 将来価値 ÷ ( 1 + 金利 )n乗  
n=年数

ここで伝えたいのは、金利が高ければ高いほど、そして利益を得られる期間が遠ければ遠いほど
現在価値は低くなるということです。

グロース株の多くはまだあまり利益がでていません。それでも株価が高いのは投資家が未来の利益に期待をして未来の利益に投資をしているからです。
そして、こういった未来の利益の現在価値は金利が高くなればなるほど目減りするのです。

ここにグロース株が金利に弱い理由があります。

逆に成長は低いが実際の利益がちゃんとでているバリュー株は影響は受けるもののグロース株に比べれば限定的です。株価が織り込んでいる未来の利益がグロース株ほど大きくないからです。

金利がうごく局面でどう投資するか

金利は株価にダイレクトに影響を与えるので日々必ずチェックしておきたいです。

ただそれでは金利にあわせて売買をすべきかというと、それは微妙なところです。

大局観としては今の金利がどのレベルで金利がリードする金融相場なのか、それよりも企業の業績が物を言う業績相場なのかという認識は必要かと思います。

ただ個人的にはあまり一喜一憂せず、ちゃんと選んだ業績のしっかりした銘柄であれば持っておいてもよいと思います。

リスクを軽減するのであれば金利上昇局面ではポジションを減らしてキャッシュをもって、金利が下がってきたら投資というのがよいと思いますが、良い企業はガチホでよいです。

ちなみに私は先日のグロース株下落局面でグロース株に100万円ほど投資をしました。ずっと見ていた銘柄で、金利要因で割安になったとの判断をしました。

理論株価の計算式の分母は金利ー成長率です。金利を吹き飛ばす成長企業であれば金利上昇をのりこえてさらに成長すると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました