【簡単】初心者向け:おすすめ少額投資8選 〜投資を楽しくはじめよう〜

おすすめ銘柄・サービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
株初心者くん
株初心者くん

投資って何かむずかしそう自分にもできるかなぁ
少額でもはじめられるものあるのかな、、

ぽちゃ
ぽちゃ

最近では少額から簡単にできる便利なサービスもありますよ
おすすめのサービスをご紹介しますね

ここでは投資初心者向けに簡単にはじめられる、少額から投資できる方法をご紹介します。

初心者は少額投資がおすすめ

投資はリスクもあるので急に取引をはじめるのにはハードルが高いと感じるかもしれません。

そんなの時は無理にはじめるのでなく、少額からスマホでできるような方法で気軽にはじめてみるのもおすすめです。

まず、少額投資のメリットをみていきましょう。

リスクを抑えられる

少額投資がいいのは、リスクを抑えられるからです。

通常株は100株単位で購入します。

例えばトヨタの株価は現在8000円ほどですので、購入しようとすると80万円ほど必要です。株価が10%下がると8万円の損をすることになります。

少額投資であれば、数千円から投資も可能です。

仮に3万円ほど投資したとして10%損をしても3000円の損になります。

当たり前ですが投資金額が少なければ仮に損をしてもリスクは限定的です。
初心者が投資に慣れるまで少額投資は力強い見方です。

投資が身につく

少額投資とはいえ、投資は投資です。
銘柄を選んで投資して、値動きがあります。

どんな銘柄がよいか?いつ買って、どのタイミングで売るか?

投資を実際にはじめると様々なことを考えるようになります。

この経験が非常に重要です。
少額投資でまず投資を体感することで、その後の資産運用が非常に有利になります。


最近はハードルが低い少額投資サービスも充実してきています。

スマホで簡単に投資ができるものも多く、投資へのハードルがかなり低くなりました。
いきなり証券口座で株式投資となるハードルが高く感じたり、操作になれなかったりもあります。

投資は長く継続することでリスクを抑えて安定的なパフォーマンスをだすことができます。

少額投資は簡単に楽しく投資を継続するのに向いています。

少額投資はデメリット

少額投資は投資の入り口として多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

儲けが限定的

少額投資の一番のデメリットは大きくは儲からないということです。

少し夢のないことをいうようですが、投資は元本がものを言う世界です。

お金をたくさん持っていれば勝ちやすく、少ないと儲けも少なくなります。


しかし、だからといって投資をやめるべきではありません。

手数料負け

投資の取引には手数料がつきものです。

少額で何度も取引を繰り返すと手数料ばかり取られてしまう可能性もあります。

手数料はできる限り安いところを選びましょう。


おすすめ少額投資8選

ネオモバ

ネオモバ(SBIネオモバイル証券 )は、Tポイントを使って1株から株を買うことができます。
ポイントが使えるので自己資金をへらすことなく株式投資ができる優れものです。

積立投資をしていくこともできるため、コツコツと1株ずつを積み立て投資をすることもできます。
国内の株式、国内ETFが取り扱いですのでアメリカ株への投資はできません。

月額200円の利用料がかりますが、毎月ポイントで200ポイントもらえるので実質かからないに等しいです。

ネット証券最大手SBI証券の王道、少額投資です。日本株に挑戦してみたいかたは是非!

SBIネオモバイル証券

日興フロッギー+docomo

日興フロッギーは、dポイントで100円分から株が買えるサービスです。
ドコモのdポイントが使えるのでドコモユーザーは気軽に投資を始められます。

dアカウントは誰でも取得できるので、ドコモユーザーでなくともdポイントを貯めて使うこともできます。
ただ指値注文ができない為、株価の値動き見ながら自分のタイミングで売買というわけにはいきません。

取り扱い銘柄は国内株式、国内ETFのみです。

日興フロッギー

LINE証券

LINE証券はスマホ証券で20代から圧倒的な支持を得ています。

最低金額は数百円〜と手の出しやすい金額設定になっており、LINE Payで株を買うことも可能です。

口座開設からスマートフォンのみの操作完結。注文もLINEのアプリからできて、直感的操作で使いやすいのが特徴です。


株式や投資信託も1株、1口単位から購入できます。

普段LINE Payを利用している方には特におすすめのポイント投資です。

取り扱いは国内株のみで他のポイント投資サービスに比べて投資対象が少しせまめです。
購入の際の手数料が0という驚きの手数料設定です。

いまいち押しのスマホ完結型証券です。

LINE証券口座開設

PayPay証券

PayPay証券 は1,000円から少額で日本株に加えて優良アメリカ株にも投資できるすぐれものです。

今一番気になるアプリ証券です。

売買はすべてアプリで完結、銘柄選定から購入までわずか3タップの簡単操作で取引できます。
投資のハードルがぐっとさがりますね。

投資しながら、投資の基礎知識を漫画で学習できるようなコンテンツも有り勉強になります。

アメリカ株は近年ずっと右肩上がりで伸びています。

アメリカ株に少額からチャレンジしてみたい方はpaypay証券で決まり!

PayPay証券


SBI証券 S株

SBI証券ではS株という1株から買うことができる株があります。
メジャーな国内株式はほとんど対応しています。


例えば通常であれば100株単位で50万円の資金がないと買えない株が1株単位で5000円で買えるということになります。とても助かるサービスですね。

SBI証券は証券会社No.1で間違いの無い証券会社です。今後も長く長期でそれなりにまとまった額を投資にまわしていくのであればSBI証券は良い選択肢だと思います。

SBI証券

マネックス証券

マネックスもワン株という1株から投資できるサービスを展開しています。

ほとんどの銘柄が1万円以内で購入可能。

マネックス証券は米国株や中国株など、外国株式の取り扱いが豊富で、さらに100円からの投資つみたてサービスもあるので、ミニ株以外の投資を考えている方にもおすすめな証券会社です。

 

ワンコイン投資

ワンコイン投資は、週1回500円から積み立て投資ができるロボアド投資のサービスです。

銘柄選定をする必要がなく、自動で資産運用ができるサービスです。
プロの投資家が行うような分散投資による資産運用をできるのが大きな特徴です。

使い慣れたLINEアプリを通じて口座開設や資産状況の確認ができる点です。

手軽に積み立て資産運用をしたい方には良いサービスです。
自分で銘柄w選びたい人には向きません。

ワンコイン投資

THEO+docomo

THEO+docomoは自動であなたのリスク許容度にあった最適な銘柄に投資をしてくれるサービスです。
最低金額は月1万円からです。


自分で投資する株を選ぶのは難しいからプロにお願いしたい。投資はしたいけどできるだけ手間は省きたいと考える方にはとても適したサービスです。


THEO+docomoは積立を前提にしたサービスです。毎月きまった額を積み立てる投資法はドルコスト平均法といい、パフォーマンスを安定させる手法で、投資の世界では王道です。
手数料は1%かかりますが、投資に時間をかけたくない人にはそれに見合うサービスです。

THEO+docomo


まとめ

今後の高齢化社会、長寿命を生き抜くために投資はマスト事項になってきます。

投資における素人の武器は時間です。
はじめは少額でも時間をかけて投資を継続することで、ちゃんと資産を築くことが可能です。
そのためできるだけ早く始めたほうが有利です。

今回ご紹介したように最近は簡単にできる様々な便利なサービスがでてきました。

急に証券口座を作って取引をするのはちょっと、、と考えている方は是非少額投資にチャレンジしてみてください。

アプリで自分の投資がどうなっているのか、確認するのはなかなか楽しいですよ!

本記事が少しでもあなたの役に立てていればとても嬉しいです。
それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました