アメリカETF おすすめ5選 【長期分散投資で資産を築こう】

アメリカ株
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカETF おすすめ5選 長期分散投資で資産を築こう

アメリカ株は過去何度もの経済危機を乗り越え長期的にみるとずっと右肩上がりの成長をしています。
為替リスクはありますが、それでもとても魅力的な投資先です。

ここではそんなアメリカ株に分散投資できるおすすめETFを5つ紹介します。

ETFは少額から簡単に手間なく分散投資できる優秀な商品です。


ETFの詳細はこちらの記事もどうぞ!

① VOO

VOOはバンガード社が運用するETFでS&P500指数のパフォーマンスへの連動を目指します。

大型株を投資対象としておりアメリカの優良企業全体に投資ができる、とてもありがたいETFです。

同じくS&P500指数を目指すETFに SPYIVV がありますが VOOをおすすめするのはて手数料が0.03% と一番安いからです。 SPYは0.0945%, IVVは0.04%です。

バンガード・S&P 500 ETF
インデックス S&P500指数
時価総額 約14.80兆円
構成株式銘柄数 509
経費率 0.03%
配当利回り 1.88%
1年トータルリターン 31.46%
3年トータルリターン 15.23%
5年トータルリターン 11.66%

組み込みセクターと銘柄


セクターは金融とITテクノロジー系の比率が高め。
組み込み銘柄は500以上でトップ3以降は2%以下なので広く分散が効いていますね。
とりあえずアメリカの大企業株に幅広くという方にはオススメです。

モトリーフール

② DIA

DIAはSSGA社運用のダウジョーンズ工業株価インデックスへの連動を目指すETFです。

ダウは米国を代表する30の銘柄で構成され100年以上の歴史を持つ最も古い米国株式市場の指数です。ニュースでもよく聞きますね。
厳選されたエース30社に一度に投資できるこちらもありがたいETFです。

SPDR ダウジョーンズインダストリアルアベレージETF
インデックス ダウジョーンズ工業株価平均
時価総額 約2.5兆円
構成株式銘柄数 30
経費率 0.17%
配当利回り 2.09%
1年トータルリターン 25.01%
3年トータルリターン 15.51%
5年トータルリターン 12.42%

組み込みセクター比率と銘柄


ITテクノロジーと金融の比率が高めです。
組み込み銘柄は30なので各銘柄の比率はVOOなどに比べると高めです。
ダウ30に厳選された銘柄にある程度分散先を狭めたい方にはおすすめ。

③ VYM

VYMはバンガード社が運用するFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指したETFです。
ハイディビデンドとは英語で高配当の意味で、高配当株のインデックスを目指しています。
大型株で予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を、重点的に組み入れています。
アメリカの優良高配当企業全体に投資ができる、こちらも配当好きにはありがたいETFです。

ブラックロック社が運用する HDV も内容はほぼ同じですが、手数料がVYMへの方が安いのでVYMがおすすめです。
VYMは手数料が0.06% 、HDVは0.08%です。

バンガード・米国高配当株式ETFインデックス
ベンチマーク FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックス
時価総額 約3.3兆円
構成株式銘柄数 400
経費率 0.06%
配当利回り 3.03%
1年トータルリターン 24.07%
3年トータルリターン 10.77%
5年トータルリターン 9.79%

組み込みセクター比率と銘柄


VOO, DIAとは異なり金融、ヘルスケア、生活必需の比率が高いです。
P&G、AT&T、Exxonなど連続増配株がずらっと並んでいますね。
分散投資をしながら配当を得たい人にはおすすめです。

配当ある株とない株

株には配当が出る株とでない株があります。ETFも同じです。
一般的にリターンは「配当を出さない無配株」もしくは「配当が少ない株」の方が大きくなります。しかしだからと言って無配株が必ずしも優れているというわけではありません。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!


④ QQQ

QQQはインベスコ社が運用するナスダック100指数のパフォーマンスへの連動を目指したETFです。

ナスダックは米国にある世界最大のベンチャー向けの株式市場です。QQQはナスダック上場の時価総額トップ100に連動することを目指しています。
近年はS&P500やダウをしのぐ成績をだしています、ハイテク、新興企業に分散投資をしたい場合はとても便利なETFです。

インベスコQQQ
インデックス:ナスダック100指数
時価総額 約9.8兆円
構成株式銘柄数 103
経費率 0.2%
配当利回り 0.74%
1年トータルリターン 38.96%
3年トータルリターン 22.57%
5年トータルリターン 16.63%

組み込みセクター比率と銘柄

ITテクノロジーの比率が43%とダントツ。
GAFAやMicrofostなど今をときめく銘柄が並んでいます。
近年のリターンはめざましいものがあります
ナスダック上場の比較的新しい企業に投資したい方にはおすすめです。

⑤ VT

VTはバンガード社が運用するFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指すETFです。

米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場への幅広く、1銘柄で世界分散投資ができるETFです。分散投資の極みでしょうか。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
時価総額 約1.5兆円
構成株式銘柄数 8337
経費率 0.09%
配当利回り 2.32%
1年トータルリターン 26.82%
3年トータルリターン 12.52%
5年トータルリターン 8.69%

組み込みセクター比率と銘柄

ITテクノロジーと金融の比率が高め。
8337もの世界各国の銘柄が組み込まれています
VOO,DIAでよくみた銘柄に加え、Alibabaなども銘柄に入ってきています。
世界(とは言えアメリカの比重は大きいですが)に分散投資をしたい方にはおすすめです。

まとめ

今回紹介したETFはどれも時価総額1兆円を超える巨大ETFです。
流動性も高いので比較的安心して投資ができます。
自分が対象としたい市場を考えてその市場のインデックスに沿ったETFを買ってみてはいかがでしょうか?

特にアメリカ株式投資を始めて行う人はとりあえず小額で下記のETFを買ってみることをお勧めします。実際買ってみて、それぞれがどんな値動きをするのか、配当はどんな感じでもらえるのか等体験することができます。ETFであれば株価も追いやすいです。

私もVT以外はすべて保有しており含み益でています。
多い少ないはありますが、配当が多少でるのも個人的にはうれしい!

現在話題のウェルスナビもETFで運用をしていますね

WealthNavi

コメント

タイトルとURLをコピーしました