アメリカ株投資に使える信頼できる【無料情報サイト6選】まとめ

アメリカ株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アメリカ株初心者さん
アメリカ株初心者さん

アメリカ株の参考になる情報サイトを知りたいな
できれば無料で日本語のものがありがたいな

ぽちゃ
ぽちゃ

アメリカ株の難点は情報入手が難しいところですね
ここでは信頼できる確かな情報源をご紹介します

ここではアメリカ株に投資する上で役に立つ情報サイトをご紹介します。

できる限り日本語対応があり無料のもの、そして信頼できるものを厳選しました。


株式投資において情報は命です。正しい情報をタイムリーで入手してあなたの投資に役立てて頂ければと思います。

アメリカ株投資に使える信頼できる【無料情報サイト6選】まとめ

Bloomberg

Bloomberg

世界の最新金融ニュース、マーケットの情報や分析が発信されています。
全て日本語で読めます。

「【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース」というニュースが配信されていますが、大事なニュースが短時間で読めるのでとても便利です。この記事を毎日読むだけでもかなり日々のアメリカ経済のニュースに明るくなるはずです。


アプリが使いやすくニュースだけでなく銘柄のウォッチリストを使ったり簡単な銘柄分析にも使っています。
デザインも綺麗でとても読みやすいのもいいですね。


ロイター

ロイター

言わずと知れた有名な国際ニュース通信会社です。

Bloombergは金融系が強みですが、ロイターは広く世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを配信しています。株やマーケット直結というよりは社会の全体の流れを知るのに役立つニュース情報を得ることができます。

全て日本語で読めます。

モトリーフール

モトリーフール

アメリカの株式投資専用メディアです。

アメリカ株式投資に関することをググると必ずと言っていいほどモトリーフールの記事が出てきます。それだけ幅広くアメリカの株式投資について細かい銘柄までカバーしているメディアです。
アメリカでも評価は高く、独自の視点から生み出される記事は非常に勉強になります。


無料のメルマガがあり、こちらは登録しておいて損はないです。
有料版もありますが、まずは無料版で十分な情報量です。


ドミノピザなど誰も注目していないときに記事に取り上げ、その後株価が暴騰した事例もあります。無料ですので、アメリカ株をやるなら漏れなくメルマガ登録しておきたいメディアです。



CNBC

CNBC

株式、金融のビジネスニュースを配信しているニュース放映社です。速報性のあるニュースをいち早く配信しています。情報も深く信頼性の高いメディアです。

ただこちらは英語のみになり、日本語版はありません


それでも金融ニュースにおいてCNBCは無視できないメディアです。
おすすめはBloombergなどを日本語でチェックしたあとCNBCを英語で斜め読みすることです。初めはわからないかも知れませんが、何度も見ていると同じような専門用語が出てきたりするのでそれをGoogle翻訳などで検索すると段々読めるようになってきます。


少しハードルは高めですが、アメリカの生の情報をいち早く得るには最小限の英語学習はとてもコスパの高い学習だと思います。

普通に検索するとCNBCワールドのページ行くかも知れませんので上のリンクからUSのサイトに行くことをおすすめします。

WSJ (ウォール・ストリート・ジャーナル)

ウォールストリート・ジャーナル

アメリカ株式投資の情報メディアのトップがWSJウォールストリートジャーナルだと思います。

質量と共に投資家にとっては最良のものです。

ありがたいことにそれだけの質の高い記事が全て日本語で読めます。


バロンズという1週間のまとめコラムがありますが、こちらは投資家の中ではとても有名で多くの投資家が内容を参考にしています。

ただWSJは残念ながら無料版がなく、全て有料になります。
ただ今は2ヶ月100円という破格のキャンペーンをやっていますので、これを機に試してみるのも良いと思います。私はWSJ読んでるなんて、なんかかっこいいなくらいで購読を始めましたが、内容がとても有益で勉強になります。

通常は月額1,999円ですが、初年度は年間5500円と通常でもかなりお買い得。
日経新聞の月4,277円(年間51,324)の10分の1 ですのでとてもコスパがいいです。毎月500円以下で最高峰の情報を得られるのであればとりあえず1年試してみるのも良いと思います。


JP Morgan マーケットレポート

JPMorgan 

J PMorganの日本語サイトになります。

ニュースではないのですが、四半期ごとに金融指標や経済動向のレポートがサイトにアップされます。
グラフが見易くてマクロを捉えるのにとても勉強になります。

日々のニュースを追いながら、3ヶ月に一度大きな慣れ市場を俯瞰してみるのもとても重要です。

こういったレポートは銀行各社出していますが、JPMorganのものが一番みやすくておすすめです。

銘柄分析に役立つサイト

アメリカ株のニュースや専門家のコラムに追加で

具体的な銘柄分析に役立つサイトを7つも簡単にご紹介します。
銘柄選定や研究の際に重宝するサイトになります。


Yahoo Finance :銘柄分析に便利

Morningstar:過去10年の業績確認が便利

Finviz:ヒートマップといえばFinviz

Teletrader:情報量、細かいチャート分析

Trading View:長期チャートはここで確認

buyupside:トータルリターンを確認できるサイト

それぞれのサイトの使い方などの解説は「【保存版】アメリカ株式投資の銘柄分析に役立つサイト7選」を参照ください。

アメリカ株式投資に便利な無料アプリ

スマホに入れておくと便利なアプリも紹介します。

全て英語サイトになりますので、ご了承ください。
ニュースは少し骨が折れますが、株価や銘柄情報は慣れればすぐに理解できると思います。

基本的には全て無料で活用できます。まずは試してみて合うものを探してみるのも良いと思います。



①Investing.com:これが入っていればスマホで銘柄分析できちゃいます
>> App Store
>> Google Play

② Bloomberg(英語):良質なニュースを毎日チェックしよう
>> App Store
>> Google Play

③ Trading View :出先でもチャートを操作したいなら
>> App Store
>> Google Play

④Teletrader: 世界の経済情報を一覧で
>> App Store
>> Google Play

⑤CNBC (英語): 最新のアメリカ金融ニュースをチェック
>> App Store
>> Google Play

⑥MoneyFoward : 保有資産管理にとても便利!
>> App Store
>> Google Play

詳しい記事は「【無料】便利なアメリカ株式投資のおすすめアプリ6選」を参照ください。

番外編:ツイッター、Youtube

個人の投資家さんで情報を発信している方も多数いらっしゃいます。

投資年数やバックグラウンドなど様々ですので、どの程度信頼が置けるかは自分の目で確かめる必要がありますが非常に質の高い発信をされている方もいらっしゃいます。

詳細は「初心者向け:【株式投資の基本】の勉強 これだけ分かれば大丈夫 :インフルエンサーをフォロー」を参照ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はアメリカ株式投資をする上でチェックしておきたいメディアをご紹介しました。

それに加え銘柄分析サイト、おすすめアプリもご紹介しました。


ニュース関連はとりあえずアプリを入れたりメルマガ登録をしてみて情報触れるのが良いかなと思います。ニュースサイトにいちいちみに行くのも面倒な人は、モトリーフールの無料メルマガを登録しておくとメールを開くことでどんどん情報入ってくるので便利だと思います。
私はBloombergとモトリーフール、WSJを購読しています。


銘柄分析サイトは実際に分析をする際に使ってみて使い勝手の良いものを使うことをおすすめします。
私は investing.comアプリ、Morningstar, Yahoo Financeあたりを使うことが多いです。


インフルエンサーは手軽で勉強にもなりますが、一個人の意見でたまにお金稼ぎを目的にしている人もいるので十分に気をつけてくださいね。

本記事が少しでもあなたのアメリカ株式投資の役に立てたら嬉しいです。

それでは、また!

モトリーフール

コメント

タイトルとURLをコピーしました