【投資初心者向け】株式投資って儲かるの??

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資には興味があるけど、本当に儲かるの??

テレビとかで株で億万長者になった人を見たりもするけど、博打のように感じるし
人生を棒に振った人もいるみたい。

ここでは株式投資が儲かるのかどうかについて考えてみたいと思います。

私は手持ちのお金の1/3ほどを株とリートで運用しています。
初めて株を買ったのは2009年ですので、かれこれ10年くらい株式投資をしています。

先に結論から言うと株式投資は儲かると思います。
儲かると言うと少し違いますがお金は増えると思います。

私の場合、実際増えていますし、今後も増えるのと思うので投資をしています。
実績はこちら

しかし、一般的にみんなが持っている株式投資のイメージとは少し違うかもしれませんので、
そのあたりを解説しながらなぜお金を増やすのに株式投資が有効か説明できればと思います。

株って儲かるの?

「株って儲かるの?」って聞かれたら、

正直「分からない」と答えると思います。

なぜなら、やり方次第だからです。

そもそも絶対儲かるものなんてこの世には無いので甘い言葉には気をつけましょうね。

やり方次第というのは別に投資のプロじゃないと成果が出ないとか、そういうことではありません。

投資で勝つには知識も経験もないとダメという訳でもありません。

株式投資はギャンブルか?

多くの人が株と聞くと今後株価が上がるか下がるかを予測するギャンブルのようなものだと思っているかもしれません。
確かにそういう側面はありますし、ギャンブルに近い投資の仕方もあります

例えば、素人が自身のカンや少しの知識でボラティリティの高い銘柄(株価の振れ幅が大きい)に大金を短期間に仕込むのはギャンブルです。


短期間での株の売買はゼロサムゲームに限りなく近いです。
誰かの勝ちは他の誰かの負けです。
通常負ける人の方が勝つ人よりも多いです。

しかしこのようなトレードの仕方は株式投資の一つの側面に過ぎません。

素人が株式投資をするならこれとは真逆の投資スタイルをすることをおすすめします。

長期投資でお金は増える

素人が株式投資でお金を比較的安全に増やすには長期間投資をするのがおすすめです。
5年、10年と投資を継続します。

長期で投資をすればそれなりに資金は増えます。

理由は3つです。

①パフォーマンスの安定

株価というのは一般的に期間が長くなればなるほどパフォーマンスが安定してきます

これは特定の株というより、市場全体の平均株価の話しですが、1年間のパフォーマンスは+10%や-20%など暴れるのですが長期になればなるほど安定してきます。

個別銘柄にもある程度は言えることですが、個別銘柄に長期投資するのはちゃんと企業がこけないかウォッチする必要が出てきます。10年、20年と持続的に成長できる企業はそこまで多くありませんので。

ちなみに過去30年のアメリカと日本の平均株価のパフォーマンスは下記です。
アメリカ株の方がパフォーマンスは良いです。

②複利の力

長期間投資をすると複利の力を享受することができます。

例えば株を買って配当を受け取りそれを再投資すると儲けは複利の力でどんどん大きくなります。


100万円投資して配当5%とし、再投資すると。
1年後には105万円
2年後には元本の100万円に加えて1年目に稼いだ5万円にも利益が乗るので、
110万円ではなく、110万2500円となる。

この2500円(儲けの儲け)が複利です。
複利は投資期間が長ければ長いほど効いてきます。

③経済は成長する必要があるから

そもそも現在の資本主義、自由競争市場では、新しい価値をどんどんつくって経済を回す必要があります。

企業は去年より売上と利益を伸ばそうとします。今日より明日、明日より明後日。

事実世界の時価総額はずっと右肩上がりですし、そうしないと現在の社会システムが崩壊します。
この右肩上がりの経済成長に合わせてお金を投資しておけば理論的にはお金は増えます。

上の図はVTという世界全体の株に分散投資している銘柄の過去30年のチャートです。

日本は長らくデフレが続いていますので、実感は無いかもしれませんが、世界の物価は少しづつ上がっています。この牽引役がアメリカです。アメリカの株式市場はずっと右肩上がりです。投資するならアメリカ株をおすすめします。

時間をかけてコツコツと

長期投資は大きく勝つというよりも、コツコツ貯金する感覚にに近いです。
資金を短期間で2倍、3倍にするような投資ではなく
1年で5 ~ 7%増えれば良いという感覚です。

もちろん長期投資でも大きく儲けることはできます。
ただ時間は必要です。

ただ長期投資でも必ず儲かるとは限りません。運が悪いと長年投資していてもマイナスになることもあります。

大事なことは状況が悪い時にお金が必要になり泣く泣く売却、とならないように予備資金で投資することです。

年金の運用方法

ちなみに、私たちの年金が運用されているのを知っていますか?
私も投資をする前までは考えたことすらなかったのですが、私たちが毎月納めている年金は政府によって運用されています。

私たちが一生懸命稼いだ年金の原資を政府は株や債権に投資しています。
なぜでしょう?
減ったら絶対まずいですよね。
ただでさえ今後足りなくなるであろう年金を減らしたら絶対やばいです。

なぜ、政府が集めた年金原資を運用するか。それは運用した方が増えるからです。
実際にちゃんと増えています。

国が無茶をするわけはありません。正しい株式投資は賢い選択です。

年金はGPIFという機関で投資されていて、現在は新型コロナの影響で一時的に-8兆円のマイナスが出ていますが、これまで年率+2.58%で運用されてきています。

国内の債権と株式、外国の債権と株式に投資をしています。

https://www.gpif.go.jp

株式投資は資産運用の有効な手段

株式投資はギャンブルのような側面もありますが、長期で正しく賢く投資すれば高い確率でお金を増やすことができます。

ですので、ここでは「株で一発当てて儲ける!」というより「資産運用の一部として株式投資を行う」ことをおすすめします。

資産運用と聞くとお金持ちのやることと考える人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
資産運用はある意味、資本主義経済のマナーというか、当然やっておくべきことです。
家計簿をつけるとか適度な運動をするとかそういったものだと思います。

誰だって貯金は考えますよね。
貯金を考えるのと同じようなレベルで資産運用は考えた方が良いことだと個人的には思います。

まとめ

・株式投資はお金も儲けというより資産運用として考えた方が健全

・長期投資をすることで安定的なリターン、複利の力、世界の経済成長の恩恵を期待できる

・株式投資はリスクはあるが、極端に怖がる必要は無い。
 日本も年金などを大事な財源を投資している

・株式投資で上手に資産を増やそう。投資は余剰金で、まずは小額から!

コメント

タイトルとURLをコピーしました