シンガポール島内の引越し (費用、必要な手配等)

シンガポール
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンガポール内で引越しをした際の体験レポートを書いておきます。

今回はシンガポールのWestエリアから市内の方に引越しをしました。

疲れましたが、費用も割と安く抑えられ、新居も気に入っているので満足しています。

2ヶ月前に退去の連絡

通常コンドは2年契約です。

契約満期の2ヶ月前までに継続するか退去かの選択が必要になります。
私の場合は2年+ 1年延長で前のコンドには3年住みました。

継続の場合は1年の契約もできる場合がありますので、もしあと2年住むかわからない場合は
1年での継続を交渉してみると良いと思います。

以前知人にこの話しをしたら、「え、一年だけってできるの?」と驚かれたので書いておきます。

引越しを決めたらやること

2ヶ月前までに退去の連絡をして、新コンドを決めたら引越し準備です。


やることは下記です。

・カーテンクリーニング
・エアコンのレシート提出
・引越し業者手配(Moving Permit& Deposit手配)
・簡単な原状回復
・住所変更

カーテンクリーニング

まずカーテンのクリーニングを手配します。

クリーニングをしたか証拠としてLandlordに提出が必要ですのでレシートはちゃんと保管しておきます。

クリーニングはブログで見つけたMoshe Laundryというところにお願いしました。
1kgで$8でやってくれました。

電話して日にちを設定すればOKです。
おばちゃん2人組が来てあっという間にカーテンを外してくれます。

Moshe Laundry
Tel: 96638627

https://moshelaundry.weebly.com/

エアコンのレシート提出

カーテン同様Tenancy Agreementにエアコン清掃のレシート提出の記載があるのでこれを提出します。

ただうちは家賃にエアコンの清掃費用を入れてもらっていてLandlord手配の業者でLandlordが業者に支払っているので
レシートというか、作業完了書のようなものを一応提出しました。

因みにエアコンは交渉次第で家賃に組み込むことができるので、エアコンメンテ込で家賃交渉をした方が得です。
家賃は会社もちの人がほとんどだと思いますので、自腹しなくてすみます。
我が家は新しく移ったコンドもエアコンは家賃組み込みにしました。

引越し業者手配

引越し業者を手配します。

今回は下記3社から見積りを取りました。

Shalome Movers

Elite Movers

KNT Movers



そして値段が安かったのと対応が早かったのでKNTに決めました。

今回引越しの際の荷物の量はこんな感じ

・アームチェア1台
・ベランダに置く小さなテーブルと椅子2台
・デスク1600W 1台
・椅子3台
・ベビーベッド1台
・書棚80cm 200cm(H) x 3台
・チェスト180cm W , 120cm(H) x 1台
・マットレス大 x1台
・電子レンジ x 1
・コーヒーテーブル x 1
・カーペット x 1
・観葉植物200cm H x 1台
・段ボール30個ほど



この物量で、家具の解体、組み立て込みでSGD 580でした。

パッキングとアンパッキングは自分でやりました。

KNTはテキパキと仕事をこなすし、電話でのアレンジもスムーズだったのでおすすめです。


台車にシュリンクラッピングでどんどん運んでいきます

トラック2台きました。

お願いしたら新居までトラックに乗せてくれました。

少し面倒だったのはMoving Permit とDepositのアレンジ
新旧コンドのマネージメントにわざわざDepositとApplication Formを提出する必要がありました。

ただMoving PermitとDeposit(コンドによりますが)はちゃんと提出していないと当日引越し業者が入ってこれないのでちゃんと提出しておく必要があります。

簡単な原状回復

自分で簡単な原状回復を試みます。

Landloard側にお願いすると高くつくので自分でできる範囲で行います。

切れている電球があれば交換しておきます。

意外と面倒だったのが冷蔵庫ないのプラスチックケースを割ってしまっていて
これを新しいものに変える作業。メーカー問い合わせてもよくわからず結局Agentのおばちゃんが手伝ってくれました。

あとはオーブンも結構焦がしてしまっていてこれは追加料金取られました。

クリーニング業者を手配する必要がある場合もありますが、
うちの場合はできる範囲で自分で掃除してあとはLandlordと交渉しました。

特に壁は当初かなり高額を請求されましたが、その後あの手この手でごねて(絵を飾ったりで何箇所かペンキが剥がれていたのですが)最小限にすますことができました。

住所変更

無事引っ越しが終わったら各種住所変更が必要です。
面倒ですが、一つ一つやっていくしかないですね。

・ビザ(EP,DP)MOMサイト
・銀行
・証券会社
・保険会社
・携帯電話
・インターネット
・S Pサービス

水道電気は変更が必要です。
インターネットはできれば結構前もって手配をしておくとwifiレスな生活を送らなくて住むので
気をつけておきたいですね。

いらないものは譲ろう

引越しにあたり家具や本を売ったり、譲ったりしました。
多少断捨離もできてスッキリしました。

Carousell
https://sg.carousell.com

携帯のアプリがあり、気軽に出品で来ます。
意外となんでも売れますので、不用品があれば重宝します。

お役立ちWeb フリマ
http://www.singaweb.net/bbs/frame.html

日本人の情報共有プラットフォームですね。
日本の本などはこちらで譲りました。
逆に赤ちゃんグッズはここから購入したこともあり、便利です。

まとめ

引越しをすると、こんなに家にものがあったのかとものの多さにびっくりします。

結構骨が折れる作業で疲れましたが、新居は気に入っているのでよかったなと思っています。

引越しにかかる費用は引越し業者費用も大きいですが、退去の時の原状回復での交渉が結構キーになるので

Landlordに負けずに支払いは最低限に抑えたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました