キャピタルゲインとインカムゲイン -メリット、デメリットと投資スタイルの違い –

株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株で儲ける方法は大きく2つあります。
キャピタルゲインとインカムゲインです。
どちらの儲けを狙うかで投資スタイルは大きく変わってきます。

ここでは株式投資初心者向け

・キャピタルゲイン、インカムゲインの解説
・それぞれのメリットとデメリット
・投資スタイルの違い

についてご紹介していきます。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは平たくいうと株を安くで買って高く売ることで得る利益のことです。
この売買の差額が儲けとなります。わかりやすいですね。
キャピタルは英語でCapital 資本の意味で、ゲインとは英語でGain得るということです。資本の増減で儲けを得るということです。
日本での株式投資のイメージはこのキャピタルゲインを意味することが多いと思います。
値差を狙うので、空売りを行えば高い時に空売り安い時に買うことも可能です。


例えば
ある株を1株100円の時に買ってこれが120円に値上がりした時に売れば20円儲かりますね。
これがキャピタルゲインです。

キャピタルゲインを狙うメリット

キャピタルゲインを狙うメリットは短時間でも大きな利益を得られる可能性があることです。
勢いの良い企業の株を買って大きなリターンを狙う。
株価が割安だと思う株を買い、株価が上がってきたところを狙う。
うまくいくと1年で株価が10倍にも20倍にもなる可能性があります。

キャピタルゲインを狙うデメリット

メリットの裏返しですが、株価をどんなに予想しても未来のことは誰もわかりません。
キャピタルゲインを狙うこと=リスクを負うということになります。
特に株式投資は数ある投資商品の中でもリスクの高い商品となります。
投入資金が0になる可能性もあります。

キャピタルゲインを狙う投資スタイル


キャピタルゲイン狙いの場合は通常比較的短期で売買を行うことになります。
市場を見て売り買いを繰り返す中で利益を積み上げていくことになります。
株の分析や市場動向にアンテナを張るなど投資にかなり時間を費やす必要がでてきます。
難易度は高くプロの投資家でも市場平均を中々上回ることは難しいです。

モトリーフール

インカムゲインとは

インカムゲインは端的には配当で得る利益です。
キャピタルゲインが売買の際に発生する利益に対して、インカムゲインは株を保有していることで定期的もしくは不定期的に利益を得られます
インカムは英語でIncome所得の意味で、ゲインは得るですので、所得を得るということです。


例えば
1株100円で配当利回り2%の株を1000株持っていたとします。
配当利回り2%ですので、この株を保有しているだけで年間2000円(1000株x100X0.02)のインカムゲインを得られます。

配当についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

インカムゲインを狙うメリット

比較的安定的に収益を現金で得られるというのがインカムゲインの大きな魅力です。
株価があがるかさがるかは誰にもわかりませんが、配当は1年にどのくらい得られるかは予測できます
配当で得た資金を再投資することで複利にアクセルをかけることもできます
高配当の銘柄は大きな会社や経営が比較的安定している企業がおおく、株価の変動が小さい場合が多いです。そのため株価が大きく下落して損するリスクを比較的抑えられます。

インカムゲインを狙うデメリット

インカムゲインはキャピタルゲインほどインパクトは期待できません
配当利回りはどんなに良くても4,5 %くらいです。
ですので100万円を投資してもどれだけ良くても4万円ほどの益しか期待できません。
投資の原資が大きければ額も大きくなりますが、小さな額を大きくしようとすると物足りなくなります
株価の浮き沈みは比較的緩やかな傾向にありますが、もちろん元本割れのリスクもあります。
また配当を出す株は限られていますので、投資対象は狭まります。

インカムゲインを狙う投資スタイル

インカムゲインで資産を形成するためには、ある程度まとまったお金を長期運用することになります。
買った株は配当が続いており、株価急落が続かない限り保有し続け基本的に売らないといったスタンスになります。売ってしまったら利益を得ることができなくなりますので。
ポイントは継続的に積み立てる入金力と、株価の変動で儲けは必要ないですが少なくとも損はしないことです。

株式優待とストックオプション

ちなみに株式投資で儲ける方法は他にもあと2つ、株式優待とストックオプションもあります。
私はこの2つは狙っていませんので詳しくは記載しませんが、下記概要になります。

優待とはある株を保有していることでその企業が提供している株式優待サービスを受けられるというものです。例えば買い物券や割引券、その企業の商品などを受け取ることができます。直接的な現金ではありませんが、お金以上に重宝する優待もありますので興味がある方は調べてみてください。

ストックオプションとは企業が社員に一定の安い株価で自社の株式を購入する権利を与え、一定期間が経過した時点で、当初の約束価額で株式を購入。そして株価が上がった時点で売却すれば、利益が得れるというものです。
あなたが勤めている会社がストックオプションを採用している場合は、活用もできますので確認してみてください。

まとめ

キャピタルゲインを狙うかインカムゲインを狙うかで、同じ投資でもそのスタイルが全く異なります。大きなリターンを得るためキャピタルゲインを狙うもよし、インカムゲインで地道に資産を築くもよしです。
大事なことは株を買う際にその株保有してキャピタルゲインを狙うのかインカムゲインを狙うのか目的は明確にしておくことです。
まずはどちらのゲインも小さく体感することで自分にとって最適な投資スタイルを探るのも良いと思います。

キャピタルゲインとインカムゲインを考えることは自分の投資スタイルを考えることになります。どれだけリスクと時間をとって投資をするか自分なりに考えてみよう!

WealthNavi

コメント

タイトルとURLをコピーしました