【米ETF徹底比較】VOO vs VTI どっちに投資すべき?→パフォーマンスならVTI、配当ならVOO

ニューヨークの街 おすすめ銘柄・サービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資初心者
投資初心者

アメリカETFのVOOとVTIどっちに投資しようか迷ってるんだけど、どっちがいいの?

ぽちゃ
ぽちゃ

非常に似通った銘柄ですが、若干の違いもあるので解説しますね


VOOとVTIはアメリカの市場全体に分散投資をするETFです。

どちらも非常に優秀な商品で取引量も多く、人気が高い銘柄です。

かなり似通った銘柄ではありますが、細かい違いはありますのでここではVOO、VTI両者の違いを解説します。

投資の参考に活用いただけばと思います。

VOO vs VTI どっちに投資したらいいの?

ウォールストリート

初めに結論から言うと、過去の推移をみる限り下記となります。

VOO,VTIどっちに投資したらいい?
  • どちらも非常に似通っていて大差はない
  • 株価のパフォーマンス重視であればVTI
  • 配当利回り重視であればVOO
  • マーケット全体に分散投資したいならVTI
  • S&P500の大型銘柄のみに分散投資したいならVOO
  • どちらも優秀なETFで長期投資に向いている

VOO、VTIは非常に似通っており、どちらも優秀です。

株価のフォーマンスは若干VTIがよく、配当利回りは若干VOOがよいです。

VTIは分散がVOOよりも効いていて中小型株にも投資します。もし大型株のみの分散にとどめておきたいのであればVOOの方がよいでしょう。

VOOとVTIの比較まとめ

ニューヨークの横断歩道

次に比較まとめです。

VOO vs VTI まとめ
  • VOO と VTI はどちらも資産総額20兆円を超える超メジャーETF
  • VOO は時価総額の大きい大型銘柄への投資VTIは中小型銘柄もカバーする
  • VOOはおよそ500銘柄VTIは約3500銘柄に投資
  • VTIはVOOよりほんの少しボラティリティが高い
  • 長期的に見るとVTIのほうがほんの少しパフォーマンスがよい傾向にある
  • 過去の配当推移をみるとVOOの方が配当利回りが高い
  • 経費率はどちらも0.03%
  • どちらも優秀

VOOとVTIの比較

アメリカの星条旗

基本情報

VOOVTI
資産総額USD 254.4 Billion
( 約28兆円 )
USD 271.4 Billion
( 約 30 兆円 )
インデックスS&P500CRSP
USトータル・マーケット・インデックス
銘柄数5103781
経費率0.03%0.03%
配当利回り1.34%1.26%
2021年9月現在

組入銘柄数の比較

VOOの組み込みは510銘柄、VTIは3781銘柄ですので、分散投資の意味ではVTIの方が広く分散が聴いています。

上位10社の組入は下記です。

組み込み銘柄のトップは10はどちらも変わりませんが、VTIのほうが分散している為各銘柄への割合が低くなっています。

組入銘柄のセクター分布

セクター分布です。こちらも似通っていますが、VOOのほうが金融、情報通信の割合が若干高く、VTIは不動産、工業セクターが少し高めです。

チャート比較

VOOが青、VTIが緑です。

ほとんど同じ値動きをしています。

違いがわかりにくいのでパフォーマンスを数字で追ってみます。

 最新チャートを確認する

株価パフォーマンス比較

過去10年のパフォーマンス比較です。

ほぼ同じですが、細かくみると若干VTIの方がボラティリティが高く、パフォーマンスもでていることがわかります。

これは中小型株はサイズが小さいので高い成長率をだしやすく、大型株をアウトパフォームすることが多いためです。逆もしかりで、何かあると体力がないので困窮したりします

VTIは中小型株を組み込んでいるためVOOよりはボラティリティが少し高くなります。

配当利回りの比較

過去の配当利回りの比較です。

配当利回りは過去10年VOOの方が高いことがわかります。

VOOは配当で利益を吐き出しており、VTIは株価で答えているという見方もできると思います。

まとめ:VOOとVTIどっちがいい?

VOO、VTIどちらがいいかは人によります。

配当を少しでもほしい人、もしくは大型株にのみ投資したい人はVOOがよいと思います。

株価のパフォーマンスを少しでも重視したい、できるだけ広く分散したいという人にはVTIがおすすめです。

また現在の保有株にも多少影響受けます。仮にすでに個別株で中小型株を保有している場合はS&P500の大型銘柄へ限定したVOOに投資した方がよいという考え方もできるかと思います。

ただ両者細かい違いはあるものの、大きな違いはありませんので極論どちらに投資してても大きく間違えることはありませんどちらも長期保有できる優秀なETFです。

私自身はVOOに投資をしています。利益もでていますし安心してみて入れられるので重宝しています。

本記事が少しでもあなたの投資の参考になれば嬉しいです!

それでは、また!

投資初心者には少額からスタートできる投資がおすすめ

投資に興味はあるけど「まだ良く分からないし、、」「リスクもあるから少し心配、」
そんな方には少額投資がおすすめ!

数百円、数千円から投資ができてリスクを抑えながら資産形成を始めることができます。
投資のスタートは早ければ早いほど有利です。便利でおすすめな少額投資をご紹介します。

LINE証券

たったの数百円から!日本株に投資するならLineのアプリで簡単投資

LINE証券はスマホでLINEアプリから利用できる投資サービスです。
専用アプリ不要1株数百円から手軽にスタートできます。

「投資をもっと身近に、気軽に」をコンセプトにしており、初心者でも簡単にスムーズにはじめられるように使いやすさを一番に考えられたサービスです。

現物取引の買い手数料無料の業界最低水準の手数料
・直感的でシンプルな操作性で初心者にもやさしいデザイン
・投資情報も確認できるので株の勉強にも最適

取り扱いは日本株、REIT、ETFなど豊富なラインアップ。
まずは少額から気軽に始めたい人にはおすすめです。

LINE証券口座開設

↓簡単、3分で口座開設↓


PayPay証券

1000円からアメリカ株投資!世界の優良企業に投資しよう

PayPay証券なら、アップル、ディズニー、コカ・コーラなどのアメリカの優良企業に1,000円の少額から投資できます!

1,000円の少額でスマホアプリで簡単にアメリカ株投資ができるのはPayPay証券だけ。
選べる銘柄は誰もが知るアメリカ優良企業から最近IPOしたばかりの急成長企業まで多岐にわたります。

「アメリカ株に興味あるけど、ちょっとハードルが高そう」という方には、かなりおすすめです。

・銘柄選択から購入までわずか3タップの簡単操作で取引完了
・投資の基礎知識を漫画で学習できるコンテンツがあり初心者に最適
・厳選された日本とアメリカの優良銘柄。銘柄選びに時間をかけることなく投資が可能

アメリカ株にチャレンジしてみたい方にはおすすめです。

PayPay証券

↓簡単:スマホでアメリカ株投資


コメント

タイトルとURLをコピーしました