テマセク保有株のリターンランキング(1位DBSは3年でリターン88.5%)

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここではシンガポールの国営投資ファンド、テマセク・ホールディングスの出資している銘柄リターンランキングを紹介します。

ランキング対象はSGX(シンガポール株式取引所)上場銘柄です。

データのソースはこちら
https://www.straitstimes.com/business/companies-markets/dbs-st-engineering-among-temaseks-top-sgx-listed-stocks

海外送金をお考えの際はTransferwiseが便利でおすすめ、銀行の送金より断然安い!

テマセクの投資株式のリターンランキング

個別株式 リターン率(過去3年)

  • 1位 DBS     88.5%
  • 2位 STEnginering 33.6%
  • 3位 Keppel     27.9%


1位のDBSはシンガポール最大の銀行です。

2018年にはアジアで一番安全な銀行として米グローバルファイナンスで紹介されています。デジタルバンキングにも力を入れており、市場から高い評価を受けています。



2位のSTエンジニアリングはアジア屈指の軍事エンジニアリング企業です。

シンガポールの軍事予算は約1兆円、GDP比で約3%です。
日本は約5兆円で、GDP1%です。単純比較はできませんがシンガポールが軍事に力をいれているのは間違いないです。
因みにシンガポールには徴兵制度があります。

3位Keppelは海洋、インフラ、投資事業等をもった大手コングロマリットです。

REIT リターン率(過去3年)

  • 1位 MapleTree Logistics  84%
  • 2位 Mapletree Industrial  71%
  • 3位 Mapletree Commercail 70%


Mapletreeは不動産ディベロッパー、投資、資産運用企業です。
総所有、運用資産は約4.4兆円。


私もMapletree LogisticとCommercial のREITを持っていますが、ほんとに成績優秀です。


テマセク・ホールディングスとは

テマセク・ホールディングスはシンガポールの国営ファンドです。
シンガポールにはテマセクのほかにGICという国営ファンドもあり、シンガポールの資産をこの2つのファンドが牛耳っています

テマセクの投資運用残高約24.4兆円シンガポール資産の26%を占めています。

今回のランキングに入っていない企業ではシンガポール航空、シンガポール通信最大手Singtel、シンガポールの大手不動産ディベロッパーのキャピタランドなどもテマセク傘下です。

世界的にもテマセクの評価は高く、世界有数の投資会社の1つです。
ムーディーズ格付けは、Aaa、S&PもAAAの格付けです。

運用上手の政府は心強いですね。



テマセクは投資のプロ!
テマセクの投資実績を参考に株選定をするのもありですね 

海外送金をお考えの際はTransferwiseが便利でおすすめ、銀行の送金より断然安い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました