人生は簡単! – 都市の生活は洗脳された不思議な世界- 都会に疲れたあなたに送るTEDトーク

TED
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「 人生は簡単だ ! 」
と言われたら、あなたはどう思いますか?

私はとても賛成し兼ねます。
生きることは楽しいことばかりではないし、簡単では決してないです。
毎日タスクに追われ忙しかったり、人間関係やお金の心配もあります。
これは私だけではないのでしょうか?


ここでは「生き方」「生活」について新しい視点、忘れている何かを思い出させてくれるTEDトークをご紹介します。

 ・日々やることに追われている
 ・日々の生活に疲れている
 ・お金持ちになりたいと頑張っている
 ・都市で生活している

といった方に一度読んでみてほしい内容です。


紹介するのはタイ人のJon JandaiさんのTEDトーク
「 Life is easy. Why do we make it so hard? 」
(人生は簡単!なぜそんなに複雑にするのか?)です。
下記まとめました。

” Life is Easy ” 人生は簡単だ

「 Life is Easy ! 」このメッセージを私は人々に伝え続けています。
人生は簡単。本当にそう思います。

以前はそんなこと思いませんでした。

私はタイの北東の農村出身です。経済的に豊かな村ではありません。
何もない村ですが子供の頃は毎日がとても楽しかったです。

ただその内TVがきたり、様々な来客がある中で
あなた達は貧乏だ、もっと成功を目指さなくてはならない。バンコクに行きなさい」
と何度も言われました。

私は次第に
自分は貧乏だ、このままではダメだ。都市に行き成功しなくては。」
と思い始めました。


上京して成功する

その後、私は実際にバンコクに行き、一日8時間以上一生懸命働き始めました。みんなが「一生懸命働いて成功することが大事だ」と言っていたので。

しかし都市での生活は成功するどころか、とても苦しいものでした。
一生懸命働いてもヌードル1杯、住んでいたところは共同部屋のとても狭い空間。全然幸せではありませんでした。

私は「これは何かおかしい」と強く感じました。

勉強が大事だと知り、大学に入って勉強もしました。
しかし自分にとって大学での勉強はとてもつまらなく、あまり為にならないものでした。
建築やエンジニアリングを学んでもそれは自然をもっと壊すことになります。世界をコンクリートで埋め尽くす方法です。
農業を学んでも、それは農薬や世界を汚染する内容でした。

私は故郷の村での生活を思い出しました。

農村での生活


私の村では誰も1日8時間も働きません。みんな1年のうちに2ヶ月働くだけです。 米を植えるのに1ヶ月。収穫に1ヶ月。
それ以外の時間は自由です。だからタイでは沢山のフェスティバルがあるんです 笑


私たちはたくさんの自由時間がありその時間で近所の人とゴシップやくだらない話をしたりして、ゆっくり過ごします
そして自分との会話をします。時間がたくさんあるので自分との対話で自己をよく知ることができます。
自分が本当に欲しいものは何か。


「愛」や「喜び」がほしい。
「幸せ」になりたいと願い、生活の中で美しさを見つけます。
そしてその美しさを表現します。

その美しさの表現方法は人それぞれです。
バスケットを美しく編み表現する人もいます。
でも今となってはもう表現できません。
すべて量産プラスチック製に取って代わりました。

私はもうこれ以上バンコクに入れないと思い大学を辞め自分の育った村に帰りました。

衣食住と医療

村に戻った 私は田んぼをつくり年4トンの米を収穫、2つの池で魚を育て、畑で30種の野菜をつくりました。
これで6人の家族を食べさせ、余った分を売って必要なものを買うこともできます。
畑仕事は1日15分だけです。あとは自由です。

住居も必要です。
都市の人は1日8時間働き30年かけてやっと家を購入できます。
私は彼らより頭が悪く収入のないので到底家など持てないと思いました。
ただ実際には私は3ヶ月で家を建てることができました
1日2時間毎日家を作り3ヶ月で出来上がりました。
30年かける人と比較すると私は30年以上の自由な時間を手にしたのです 笑

簡単です。
誰だって家は建てられます
子供だって。お年寄りだって。
本当です。実際建ててみたらわかります。


衣服も必要です。
私は以前映画スターに憧れて、彼らが履くようなジーンズを1ヶ月給与を貯めて頑張って買いました。
ようやく手に入ったジーンズを履いて鏡を見ました。ただ、そこに映るのはいつもの自分です。
もちろん私は映画スターではありません。
一生懸命働いたお金で高価なジーンズを履いたところで何も変わりません
ファッショントレンド追っても、絶対に追いつ来ません。追っているのですから。追いつかないものを追い続けることはやめて立ち止まりましょう
私はもう20年間も服を買っていません。
訪問者がみんな置いていってくれたり、足りなくなったら分けてくれるからです。

私達はあるものを「好きだから」「必要だから」と手に入れるのに必死になります。
でもそれは嘘です。
私はそう自分に言い聞かせます。

なぜなら私はモノから離れてもっと自由になったからです。




最後に病気はどうでしょう。
病気になったらどうしよう。これは私もかなり心配しました。
ただその内に病気は自分の生活が何かおかしいという警告なんだと考えるようになりました。
そして生活を振り返ることをしました。
水や自然を使って体を健康に保つことができることも学びました。
とても体が楽になりました。

私は村で過ごすうちにどんどん楽になりました。
もっと自由を感じ、なんでも出来るような気持ちになりました。
人生は簡単です。


繋がりをなくした現代

でも現代はどんどん事を複雑化して生きることを難しくしています。
都市の生活や現代の価値観では人は独立することを求めれられます
個人はそれぞれバラバラになり、繋がりを失い、お金だけが頼りになります。
バンコクにいた時にはとても気分が暗かったです。


しかし今幸せを再度考えるとき、私達は以前みんなそうであったようにバラバラになったものを再度繋げる必要があります

人と人が繋がる、心と体を繋げる。

そして私が学んだこは4つのベーシックニーズ、衣食住と医療は全ての人が享受できるよう安くて簡単に叶えられないということ。
みんながこの基本的な欲求を満たせることこそ文明の進化(Civilization)です
これらを得ることを難しくすることは進化ではなく後退です。
今は文明がどんどん後退していっているように思います。



私たちは何のためにそんなに必死に働くのでしょうか?
何のためにどんどん複雑にして生きるのを難しくするのでしょうか?
私にとって現代は不自然でおかしいです。



私はもっと自然に普通に生きたい。
鳥は1-2日に巣を作ります。
ネズミは1日で穴蔵をほります。
1番賢い人間は30年もかけるのです!



今の世界はおかしい。
私の生活の方がおかしい、普通じゃないという人がいるかもしれません。
私は全く気にしません。
私は現代の世界についていくことを、難しく生きることをやめました。
人生は簡単です

私は別に何も押し付けませんが、私はもっと自然に生きます。



あなたにも選択肢があります

簡単に生きるか
難しく生きるか



以上です。

急に農村でJonさんのようには暮らせないですが、今の人生観や世界が絶対正解ではないという感覚は持ちたいですね。
人間も動物です。できれば自然に生きたいですね。

参考

こちらが実際のTEDトークです。
とても自然でやさしい雰囲気のある方です。是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました