【必ず見つかる】自分にあった副業の選び方(おすすめ副業11選から自分に合った副業で収入UP!)

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サラリーマンくん
サラリーマンくん

副業に興味があるけど
どんな副業が自分に合っているんだろう?

終身雇用が崩壊し副業解禁の企業も増えていく中
本業の他にも収入を得ようと副業を考える人も増えてきています。

最近ではネットの充実で家にいながらにしてできる副業もかなり増えてきました。

でも実際に「副業をやろう」と考えた時、どんな副業が自分に合っているのかイマイチわからないと悩む人も多いでしょう。

副業の種類は多岐に渡りますので迷うのも無理ありません。

ここではそんな副業選びのポイントを解説します。

副業は忙しい中時間をつくりながら行う必要があるため、はじめからできるだけ自分に合ったものを選ぶことが重要です。

是非副業を始める前にチェックしていってください。

副業の種類

はじめに簡単に副業の種類を紹介します。

この他にも副業は多岐にわたりますが、ここではできるだけサラリーマンが在宅でスキマ時間を活用しながらでもできる副業を取り上げています。

サラリーマンにおすすめ副業11選
  • せどり・転売
  • ブログ・アフィリエイト
  • 動画編集
  • Webライター
  • Note
  • Webデザイン
  • オリジナル商品を売る
  • How To販売
  • プログラミング
  • YouTube
  • コンサルタント

ここではそれぞれの副業についての解説は省略します。

詳しくは「副業で収入UP!サラリーマンにおすすめな副業一覧11選」を参照ください。

副業選びのポイント

得意なこと

副業は自分が人より得意なことで選ぶとよいです。


文章を書くのが得意であればWebライターやブログ、しゃべるのがうまいのであればYouTuber、絵を書くのが得意であればイラストを販売することができます。

得意と言っても、全国大会レベルでなくとも、学校のクラスで一番くらいの得意具合であれば副業で収益が上る可能性はあると思います。


効率がいいのは本業の延長で副業を行うということです。

仕事がアパレル系であればコーディネートや最近のトレンドについて聞いてブログやWebライターとして知見を活かせます。営業職であれば営業ノウハウをYoutubeで発信したり、Noteで販売してもよいです。

自分が得意なこと、すでに充分知識があることが副業の商材となりえます。

本業と同じ分野で副業を行うことで本業もさらにブラッシュアップされるのでおすすめです。

好きなこと

自分が好きなことで副業を選ぶのもおすすめです。


副業は誰から強制されるものでもないものなので、できれば楽しくやりたいですね。

楽しくないと続きませんし、収益があがらない場合も多いです。


少し注意が必要なのは「好き」というのは扱うジャンルもありますが、
その副業を行う上で必要な「作業が好きか」どうかというのがポイントです。


例えばアパレル系であれば、服をつくるのが好きなのか、コーディネートをするのが好きなのか、
売るのが好きなのか。

つくるのが好きならばハンドメイド品の販売がよいですし、コーディネートであればファッションコンサルができます。自分が好きな服やアクセサリーを販売するのが好きならネットショップもできます。


好きなジャンルを扱うのも大事ですが、実際の作業を想像して自分が好きな作業を副業とすることをおすすめします。

フローかストックか

はじめの頃はあまり深く考えなくても良いかもしれませんが、ビジネスモデルを念頭においておくのもポイントです。

ビジネスにはフロービジネスとストックビジネスが存在します。

フロービジネスとは、その都度の取引で収入をえるビジネスモデルです。

例えば「せどり」「動画編集」「Webライター」「プログラミング」などです。
こういった副業はその都度の発注に対して商品を納品して報酬を得ます。
ですので、手をとめたら収入は入ってこなくなります。労働型といってもよいです。

ストックビジネスとは、継続的に収入をえられるようなビジネスモデルです。

例えば「ブログ・アフィリエイト」「Youtube」「Note販売」などです。
これらはコンテンツをアップロードしておけば継続的な収入が期待できます。

質の高いコンテンツを提供できれば、寝ていても商品が売れて収入が入ってきます。
最近流行りのサブスクビジネスはストックビジネスの最たるものです。

実際は、ストックビジネスとはいえ、一度作ってしまえば未来永劫売れ続けるというのは難しかったり
フロービジネスであってもうまく仕組み化できればストックビジネスに似たビジネスモデルをつくることは可能です。

フローかストックかという基準だけで選ぶのはおすすめしませんが、2つの異なるビジネスモデルがあることは認識しておくとよいです。

まずは報酬は考えない

副業を選ぶ際、いくら稼げるのか?どのくらいで稼げるようになるのか?とお金のことが気になると思います。

短期間で稼ぐ必要があるなら別ですが、多くの人は継続的な収益を確保したいと考えていると思います。まずは月に3万円、5万円くらいの副収入を期待というところでしょうか。

この場合は、報酬、お金のことは必要以上に考えない方がよいです。

もちろんその副業でいくらくらい稼げるかは調べておいたほうがよいですが、「こっちの方が稼げそう」「こっちの方が楽そう」という理由で副業を選ぶと多くの場合は失敗します。

どんな副業でもあなたに合っていれば収益は発生します。
月5万円くらいであれば、どの副業でも達成できます。

しかし単にお金で副業を決めると、自分に合っていない場合うまくいかない場合が多いです。
楽しむこともできないので継続も難しく、数ヶ月やって結局1円にもならないとなる可能性もあります。

まずは収益よりも自分がやって楽しいこと、他の人がお金を払ってくれる価値あるものを提供することを考えましょう。

副業とはいえプロ

あなたの商品やサービスを購入する人にとってはあなたが副業でやっていようが本業でやっていようが関係ありません。

価値があれば購入しますし、なければお金を払いません。

副業とはいえお金をもらう以上プロです。

それだけのサービスや商品を提供する必要があります。

例えばアルバイトなどで副収入を得る場合は働けば働くだけバイト代をもらえます。
しかし今回紹介しているサラリーマン向けの在宅でできる副業の多くは自分で売上をつくっていくことが必要になります。

いくら時間を費やしても、需要がないとお金が発生されません、価値がないと判断されれば収益を得ることはできません。

ここがとても難しいところですが、逆に言うとこれができると副業で成功する可能性はぐっとあがります。

副業とはいえ、あなたの商品(無形、有形問わず)をお金を払ってもらえる価値あるものに高めていくプロ意識が求められます。

継続

「継続」は副業成功の必須条件です。

副業で収益を得ている人は確実に継続しています。

そして継続する中で試行錯誤を繰り返しています。

特にストックビジネスは地道な継続がものを言います。

継続するための3つのポイント
  • 自分が長く続けて楽しめる副業を選ぶ
  • 副業の時間を毎日の時間に落とし込み習慣化する
  • 副業をする強い理由を持っている

それでも迷ったら

もしここまで読んでも、どの副業をやったらいいかわからない。
でも副業はやりたい。と考えている人がいたら、


まずは家にある不用品をメルカリで売ってみてください。


商品を販売する体験ができます。できれば数十個くらい売ってみてください。

作業ややりとりが楽しければそのまま「せどり」をやってみるのもありです。
せどりをおすすめするのは即金性があるからです。

ブログやYoutubeは収益が発生するまでに時間がかかります。
プログラミングはスクールに通う必要がでてきますし動画編集も勉強が必要です。

お金がまったく稼げない中勉強や作業をひたすらに繰り返すのは、強い意思がないとできません。
ですのでまずは「せどり」でゼロからイチの売上をつくる体験をしてみてください。

もし気長な人、コツコツ系の人はブログをおすすめします。

ブログは資産性もありますし、うまくいくと継続的な収益が得られます。
Webライティング、SEO、Webマーケティングなどの知識も付きますしネットワークを広げることもできますので、その後の展開も可能な可能性が多い副業です。

一番大事なこと

副業選びは悩ましいですが、大事なことは「やること」です。
とにかく興味があると思ったらやってみてください。

私もこれまでせどり、写真やイラスト販売、Note、インスタグラム、ブログなど興味の向くまま
手を出してみました。

やっていくうちに自分に合ったものがわかりますし、つまらなかったら辞めればいいのです。

「考えるだけで何もしない」これが一番もったいないです。
結局やらないなら、そもそも考えない方が楽しく生きられます。


でも個人的には副業はとてもおすすめです。

自分の力で稼ぐことができれば自信につながります。
自分の好きなことで稼げればこんなに嬉しいことはありません。


興味ある方は是非小さくてもいいので行動してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は自分にあった副業を選ぶポイントについて解説しました。

・得意なことで副業を考える
・好きな作業を副業にしてみる
・フロー型かストック型かも考えてみる
・まず気になる副業に手をだしてみること
・はじめは収入のことはあまり考えない
・継続は必須。継続できるものを選ぶ
・迷ったら「せどり」にトライ

とにかくお金が欲しい、好きなことで収入を得たい。

動機は人それぞれですが、副業は収入以上に人生が好転するチャンスになる可能性もあります。

本業がある中での副業は骨が折れますが、自分に合った副業に是非チャレンジしてみてください。

それでは、また👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました