【要約】「人を操る禁断の文章術」DaiGo  〜ビジネスメール、Webライティングに使える文章術〜

自己投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここではメンタリスト、DaiGoさんの「人を操る禁断の文章術」の要約を紹介します。

本書はビジネス文章やセールスライティング、日常のメールやチャットまで幅広く使える文章術が具体的にわかりやすく紹介されています。

普段何となく書いている文章も本書を読むことでもっと自分の意見が通りやすくなったり相手と良い関係を結ぶことができるようになります。

心理学を用いた科学的な手法になりますので、文章に自信がある人もない人も是非チェックしてみてください!

無料で聴く!

「人を操る禁断の文章術」は普通に購入すると1540円ほどかかりますが、本が聞けるアプリ「Audible (オーディブル)」に新規登録すると無料で聴くことができます。とてもお得です。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができるので便利です。


まとめ:個人的に響いた箇所

まず、個人的に目からウロコ、本書の響いた箇所を簡単にまとめます。

  • 文章は何より読み手のことを考える。
    どこに関心があるのか、何が聞きたいのか、どうやったら行動をしたくなるか。
  • 自分で書かない。相手の中の答えを書く。
  • 簡潔に書いて相手の想像力を借りる。
  • 感情をに訴える表現力をつける。
  • 表現に強さを加える(数字、逆言葉)
  • 何度も違う表現で訴求を繰り返す
  • 刺激すべき箇所
    ①興味 ②本音と建前 ③悩み ④損得 ⑤みんな一緒 ⑥認められたい ⑦あなただけの
  • 追伸で感情のやりとりを
  • 次回予告

相手を動かす文章を書く

本書での文章術は「人を動かすための」手法です。

自分が伝えたいことを書くのでなく、自分がさせたい行動をとらせるために書くものです。人を動かす一つの手段とも言えるかもしれません。

その上で読んだ相手の心を動かし、想像してもらうことが非常に重要。

そのため文章を書く際には2つの視点が大事

①どういう行動をとってほしいのかを自分の中でまず整理

②誰が読むのか、読み手の確認と分析

ありきたりな文章を名文に変える例

✅「成功者は夢をあきらめない」
❎「成功者は飢え死にしそうな時でも夢をあきらめない」

✅「成功のために努力を惜しむな」
❎「成功したいなら1日28時間1つのことに集中しろ」

✅「失敗してもあきらめるな」
❎ 「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法700通見つけただけだ」

✅「なぜか?という疑問を持つことが大切だ」
❎「なぜか?と言う問いはその答えの100倍重要だ」

✅ 「アイデアを出すのに必要なのは忍耐力だ」
❎「アイディアとはゆっくり育んでいくもので1日では生まれない。本当に必要な発想力ではなく忍耐力だ」

無料で聴く!

「人を操る禁断の文章術」は普通に購入すると1540円ほどかかりますが、本が聞けるアプリ「Audible (オーディブル)」に新規登録すると無料で聴くことができます。とてもお得です。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができるので便利です。


ステップ1: 書かない三原則

①あれこれ書かない
②きれいに書かない
③自分で書かない

①あれこれ書かない

伝えたいことを1つに絞ると人は動く
ワンメッセージ、ワンアウトカム

どんな人が読んでいるかをイメージ、読んだ人にどんな行動ほしいして欲しいのかに注意を払う

相手がイメージしやすい簡潔な言葉使い短い文章で伝えれば直感的に理解してもらえる。

毎回100%正確に伝える必要はなく相手に合わせて情報の量を調整する。
文章をあえて短くすることで読み手の想像力を借りる

伝わる文章、何かをしたくなる文章を目指す。
相手が行動したくなる文章を書く

②きれいな文章を書かない

人を動かすのは論理でなく感情
話しかけるように書く

✅「先日お勧めしてくださったお店でハンバーグを食べてきました。噂に違わずおいしかったです」
❎「この間教えていただいたお店行ってきました。ナイフを入れた瞬間肉汁がじわっと溢れるハンバーグびっくりするおいしさでした。」

✅「成功しているコンサルタントの仕事日教えます」
❎「気になりませんか?マーク年間報酬3000万円が10年続くコンサルタントだけが知っている仕事の習慣」

人を惹きつける文章には読み手の感情に響くキーワードが入っている。

きれいな文章で使われない言い回しだからこそ、読み手の一人ひとりの感情に伝わっていく。
そこに人の顔が見えると言うことが重要なのです。

③自分で書かない

読者がどういった要素を抱えた人物で何に悩んでいるのか、それを想像することがこの自分で書かないことにつながります。

彼らが何を考えどうしたいと願っているかが分かっていると自ずと書くことも決まってくる。

読み手の心を読むことが重要。

これを読むのはどんな人か、どんな人たちかを十分に調べておくこと。
キーボードを打つのはその後です。

自分の頭の中の考えを捨てる。本当に必要なものは相手の心の中にある。

ステップ2:7つのトリガー

7つのトリガーから文章の内容選ぶ。ぶれない説得力のある文章を素早く悩まずに書ける

7つのトリガー

①興味
②本音と建前
③悩み
④損得
⑤みんな一緒
⑥認められたい
⑦あなただけの

①興味

相手の興味をSNSなどで調査した上でそれに沿った情報を君にする

②本音と建前

本音と建前のトリガーは責任のある立場の人に対して使うなら「〇〇だって人間ですから」「普通の人だったら」と言う言葉が理想と現実の間にある欲求を刺激するキーワードになります。

例えば「普通の人にはできない大変な仕事だと思いますでも先生だって人間ですよね酔いつぶれたくなる日もあるし…」

建前を配慮した上で、表にだせない本音の部分を刺激する。

③悩み

人の悩みの9割はHARMの4文字に集約され分類できる。

HARM

H:ヘルス健康のことダイエット外見の変化、病気、加齢にまつわる健康

A:アンビション、将来の夢、叶えたい希望、理想の仕事、出世したいと言う願望など

R:リレーション、人間関係会社での人間関係友人知人恋人結婚離婚も含めます

M:マネー、お金に関する悩み。収入の増減、借金、年金、住宅の購入など

これらの悩みは年齢がわかればほぼ確実に当てられる

自分のターゲットに刺さる言い回しを考える

「すごくおいしいスイーツのお店を見つけたけど一緒に行かない?ろうかロリーだけど自然な甘さで人気らしいよ」
こういった文書が響くのは10代20代ダイエットを意識した女性

人間関係の悩み

10代 恋に恋する
20代 恋人
30代 結婚子供
40代 子供の進路
50代 夫婦関係
60代 定年後の暮らし

お金の悩み

10代 小遣いバイト
20代 自己投資貯金
30代 マイホーム
40代 教育費
50代 老後
60代 年金

④損得

人は得以上に損を嫌う

損得の両面を提示して相手を惹きつける

損を先に言って得で締める

⑤みんな一緒

憧れのあの人が使っていると欲しくなる

みんなが使っていると焦る

✅Before「30代そろそろマイホームを買いませんか?」
❎After「ご存知ですか?今30代の人たち40%が既に家を購入しています)

⑥認められたい

承認欲求が満たされるのでFacebookのいいねやリツイートが嬉しい

「この前連れて行っていただいたバー実は初めてでしたあんな素敵なバーに行ったのは実は初めてでした」
「この間の話非常に参考になりました私が仕事に対する捉え方が変わりました」

「あなたのおかげで変わりました」「あなたが紹介してくれたはじめての体験でした」と言うのは相手の承認欲求をくすぐる

⑦あなただけの

人は自分だけ特別扱いされたがっている。

また持っているものがなくなりそうになると激しく渇望するし、あったものが制限されると欲しくなる。


無料で聴く!

「人を操る禁断の文章術」は普通に購入すると1540円ほどかかりますが、本が聞けるアプリ「Audible (オーディブル)」に新規登録すると無料で聴くことができます。とてもお得です。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができるので便利です。


ステップ3:5つのテクニックで書く

3つのテクニックを意識するだけでメールやLINEちょっとしたメモでも人を動かせようになる

①書き出しはポジティブに

書き出しは明るい未来を描いたり、ポジティブな雰囲気ではじめることにより読者を引き込む

②何度も繰り返す

強調したい事は言葉を表現を変え、言い回しを変え何度も繰り返す

表現に困ったら5W1Hに当てはめればよい。

誰が何が嬉しかったのか、いつ嬉しかったのか、どこが嬉しかったのか、なぜ嬉しかったのか、どのように嬉しかったのか。何度も伝える。

③話しかけるように書く

一方的に語るのでなく、相手の反応も予想して先回りするような書き方も有効。

となりで話しているように文章を書く。

④上げて下げてまたあげる

メリハリをつけることで、飽きない感動する文章をつくる。

⑤追伸をつける

追伸は一番心に残る

これは「ツァイガルニク効果」によるもので、人は未完結の情報を提示することで人の頭の中に自分を長く残すことができます。

「今度会うときにお土産を渡します」というような文章を追伸に書くことで、より長く相手の頭の中に自分を残すことができる。

CMの前のコマーシャルも同じです。

本文は情報の伝達が狙いで、追伸は感情の交流を狙って書くもの。

追伸で自分の願望や相手に行動させたいことを書くというのは非常に有効な手段。

無料で聴く!

「人を操る禁断の文章術」は普通に購入すると1540円ほどかかりますが、本が聞けるアプリ「Audible (オーディブル)」に新規登録すると無料で聴くことができます。とてもお得です。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができるので便利です。


まとめ

いかがだったでしょうか?

書籍ではたくさんの例文をつかってわかりやすく解説されています。

とても読みやすく、内容の濃い一冊ですので、興味のある方は是非手にとって見てください。

無料で聴く!

「人を操る禁断の文章術」は普通に購入すると1540円ほどかかりますが、本が聞けるアプリ「Audible (オーディブル)」に新規登録すると無料で聴くことができます。とてもお得です。

Audibleは、プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービス。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができるので便利です。


PS 本ブログでは書籍の紹介以外にも海外の素敵なアイディアや知識がつまったTEDの解説もしていますので、よければチェックしてみてください!私はTEDで人生が好転しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました